これ以上の肥満はさせない!通販でコントレイブダイエット!

薬のイメージ画像ダイエットにおける天敵の『食欲』は、人間の三大欲求のうちの1つです。

必死に食欲を抑えなくても、運動してダイエットを成功させた人も中にはいるでしょう。しかしやはり、ダイエットを効率よく進めるためには食事制限と適度な運動の2つが最も重要になるのです。

ダイエットをバランスよく進めるためには

体内には、体重や体脂肪に深く関わる2つのエネルギーがあります。

まず、摂取エネルギーです。摂取エネルギーは、食事を通して体内に取り入れられるエネルギーを指しています。

もう1つは消費エネルギーです。消費エネルギーは、運動や習慣などによって体内の摂取エネルギーを消費するエネルギーです。

摂取エネルギーで蓄えたものが消費エネルギーによって消費されることで、体に余分なエネルギーが残されず、肥満が抑えられます。

逆に摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ると、消費されなかった摂取エネルギーがそのまま体内に取り込まれ、体の一部として使われていきます。それが脂肪として蓄積されていくと、肥満につながる恐れがあります。

ダイエットの時は痩せることが目標なので、摂取エネルギーが消費エネルギーを超えないようにすること。もっといえば、消費エネルギーが摂取エネルギーを上回るのを目標にしなければ、思うように痩せるのは難しくなります。

そのため、ダイエットでは摂取エネルギーを制限する食事管理と、消費エネルギーを上げるための適度な運動を続けることが重要になってくるのです。

食欲カットのコントレイブ通販でダイエットを始めよう

しかし、食事制限はこれまでの食生活をガラリと変えなければならないこともあり、ほとんどの人が苦労する過程でもあります。

食事制限の難しさとつらさに悩む人は、食欲を抑えるためのアイテムにサポートしてもらいながら、食事制限のハードルを下げて取り組むのはいかがでしょうか。

ここでは、食欲を抑えて肥満多作につなげるダイエット薬・コントレイブに注目していきます。

コントレイブの持つ効果

コントレイブには、有効成分のナルトレキソンとブプロピオンが配合されています。

どちらも脳神経に働きかける成分で、アルコール依存症や禁煙の治療・改善に使用されることもあります。

この2つの成分が神経に働きかけ、食欲を抑制させることで摂取エネルギーの量を減らすことができます

食事を厳しく制限したり、摂取エネルギーを無理に体外に排出することなく「食べなくていい」という自然な精神状態を引き起こすことで、無理のない食事制限効果につながります。

食欲を抑えられず食事制限で苦労していた人、ついつい食べてしまうという人の生活に取り入れることで、摂取エネルギーの減少に役立つでしょう。

コントレイブの使い方用量

コントレイブは、日にちが経過するに従って服用量を調節することになります。1週間の間隔を守って服用量を調節してください。

服用開始1~7日目

1日1錠、朝に服用します。

8~14日目

1日2回、朝夜に1錠ずつ服用します。

15~21日目

1日2回、朝2錠と夜1錠を服用します。

22~28日目

1日2回、朝夜に2錠ずつ服用します。

コントレイブを飲むときの注意点・副作用

使用禁止対象

次の項目に該当する人は、コントレイブの使用を避けてください。

・コントレイブの有効成分にアレルギー反応がある人・妊娠中、あるいは妊娠の可能性がある

・14日以内にリネゾイド、モノアミン酸化酵素阻害薬を服用した人

・摂食障害、てんかんなどの病歴を持つ人

副作用

コントレイブの副作用には頭痛、下痢便秘、口の渇きなどの症状が見られることがあります。このような症状が長期的に見られたり、悪化する場合は、病院で診察を受けてください。

コメント